はじめに

メディアやSNSなどで猫ちゃんのかわいらしい姿を目にし、
「猫を飼いたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。
それと同時に「猫を飼うのは初めてで不安…」「猫と暮らすにはどんなものや環境が必要なの?」と
いうお悩み・疑問をお持ちではありませんか?
ここではそんな”猫ちゃん初心者”の方のために、最低限知っておいて欲しいこと・迎え入れるまでに
必要なグッズをご紹介します!ぜひ最後までご覧になってください♪

猫ちゃんを迎えるための心構えとは

【心構え1】
猫ちゃんを幸せにする
「責任と自覚」

【心構え1】猫ちゃんを幸せにする「責任と自覚」

新しく大切な家族の一員になる猫ちゃんを、あなたは15年近くの長期にわたり、
幸せにする自信がありますか?

猫ちゃんに限らず動物を飼うというのは、その動物の「いのち」を預かることです。
「猫が好きだから」という理由だけで、いのちを引き受けることはできません。

  • ・猫ちゃんとコミュニケーションをはかる十分な時間を確保できますか?
  • ・定期的なお手入れ・健康チェックをしてあげる時間がありますか?
  • ・家族全員が賛成していますか?
  • ・すでに飼っているペットと新しい猫ちゃんはうまくやっていけそうですか?

毎日の生活の中で、猫ちゃんのためにしてあげなくてはいけないことを事前に確認し、
責任と自覚を持って猫ちゃんを迎えましょう。

【心構え2】
もしもの時の預け先引取り先を
確かめる

【心構え2】もしもの時の預け先引取り先を確かめる

自分や家族にいつ何が起こるか分かりません。
何かしらの事情で今までと同じように猫ちゃんの面倒を見られなくなるかも知れません。
「飼えなくなったら外に放せばよい」「誰かが面倒をみてくれるだろう」
「愛護センターに持ち込めばよい」などと安易に考えている方は、絶対に飼わないでください!

飼い続けられなくなった場合に備えて、
「もしもの時」に猫ちゃんを託せる人や環境を整えておきましょう。

猫ちゃんを飼う時の
注意点…4選!

【注意点1】
キャットタワーなどの高い場所があること

【注意点1】キャットタワーなどの高い場所があること

猫ちゃんは「高いところ」が大好きです。
これは外敵から身を守ったり、危険をいち早く察知したりするための猫の習性です。
お部屋に上り下りできる場所があるか確認しましょう。

また、猫には爪をとぐ習性もあります。
爪をとぐ事がストレス発散なのです。
爪とぎがないと壁や家具などでストレス発散してしまいます。
爪とぎ機能がついたキャットタワーがあると一石二鳥です。

【注意点2】
猫を家に迎える方法を知ろう

【注意点2】猫を家に迎える方法を知ろう

ペットを飼うと決まったら、「とりあえずペットショップへ行こう!」という方が
多いのではないでしょうか?
ペットショップ以外でペットを購入する方法として、
ブリーダーさんから“直接購入”することができます。

猫のブリーダーとは、特定の種類の親猫を飼い、交配・繁殖をおこない、
ペットショップなどに流通させる仕事です。また、しつけや飼い方の指導もおこないます。

「猫ちゃんの種類を色々見てみたい!」という方はペットショップへ、
「この種類が良い!」と既に決まっている方はブリーダーショップへ行きましょう。

【注意点3】
猫を飼うために必要なものと初期費用

【注意点3】猫を飼うために必要なものと初期費用

猫ちゃんとの暮らしを考えるとき、誰もが気になるのが「お金」の問題。
いったい何にどのくらいかかるのか、事前に知った上で猫を迎えましょう!
初期費用はおおよそ25,000〜50,000円を想定しておくと◎。
実用性や値段などを考慮して選んでくださいね。
猫用の商品やブランドは多く、何を選ぶのかによって金額は異なりますので、
こちらの金額はあくまで目安として参考にしてください。

【注意点4】
猫にとって危険なものを片付ける

【注意点4】猫にとって危険なものを片付ける

チョコレート、たまねぎを食べさせてはいけないことは有名ですよね。
その他にも、人間の薬、たばこ、ゴムバンド、袋に入ったお菓子など、
子猫が飲み込むおそれのあるものは、子猫の手が届かない場所に片づけましょう。

家電製品のコードや充電コードを噛まれることもありますため、気になる方は隠しておきましょう!

準備しておくべき
グッズって?

ここでは猫ちゃんを迎え入れるまでに最低限、準備しておいた方が良いものをご紹介します!

フード
キャットフードには大きく分けてドライフードとウェットフードのふたつのタイプがありますが、基本的には成長段階に合わせた商品を選びましょう。
給水器
ゲージに取り付けられる水入れまたはウォーターボールを用意しましょう。
エサ入れ
フードボールなどを用意しましょう。
猫用トイレ
+トイレ砂
価格にも幅がありますが、一般的には1,000~3,000円ほどで購入できます。
シンプルなものの方が掃除しやすいです。
爪とぎ
キャットタワー、爪とぎポール、段ボール製爪とぎなどを用意しましょう。
その他
爪切りやペット用ブラシ、シャンプー用品を用意しましょう。
キャットゲージ
慣れるまでの間、安心して寝食できる場所になります。
キャリーゲージ
(ペットキャリー)
猫ちゃんのお迎えの時に持って来てください。

よくあるご質問

去勢・避妊手術はした方がいいですか?

はい。

オス猫・メス猫共に、メリット・デメリットがございますので、詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

【オフィシャルサイト】https://nekonowataame.com/page06.aspx

室内飼いですがワクチンは必要ですか?

必要です!

細菌やウイルスによる感染症というのは猫風邪や猫白血病などのことです。

ワクチン接種をするのは猫ちゃんが感染症にかかっても、重症化しないためのものです。

細菌やウイルスは衣服や靴にくっついて家の中に侵入してきます。

どこで猫ちゃんに危険を及ぼすウイルスがついてくるかわからないので、室内飼いの場合でもワクチン接種は必ず受けることをおすすめします。

シャンプーはした方がいいですか?

猫は体が水に濡れることをとても嫌がる動物です。

また、もともと体臭が少ないうえ、全身をくまなく毛づくろいする「セルフグルーミング」によって体を常に清潔に保とうとする習性もあります。

そのため、問いに対しては、「完全室内飼いで、皮膚の疾患等がなければ、必ずしもシャンプーをする必要はない」とお答えしています。

 

ただ、猫をシャンプーすることにはメリットもあり、猫アレルギーの親類や知人が自宅に来るときなどの一時的な対処方法として、ブラッシングや室内の掃除とあわせてシャンプーをすると症状の緩和に効果的だと思われます。

先住猫と仲良くなるコツはありますか?

人間と同じように、合う合わない・早い遅いがあります。

先住猫さんが自由に活動している場合、後から家族になった猫ちゃんはしばらくの間ケージ生活を送ってもらってください。

威嚇せず先住猫さんがケージに近づき興味を持ってきたら、ケージの外へ出す時間を増やしてみてください。

子猫相手の方が先住猫さんが受け入れるまでの時間は短いようです。

ブラッシングの頻度は?

実は短毛でも長毛でも、抜けている毛の量は一緒なんです。
特に長毛の猫ちゃんは抜けた毛をそのまま身体につけておくと、皮脂や抜け毛どうしが絡まって毛玉になってしまう場合があります。

日頃からこまめにブラッシングをしてあげると、猫ちゃんも嫌がることは少ないです。

毛玉予防だけでなく、毛づやも良くなりますので、グルグルとご機嫌に喉を鳴らしている時を見計らって4、5回ブラシを通す程度から始めてみてください。

外に出して散歩させることはダメですか?

はい。

脱走や事故、病気や感染症防止などの観点から、完全室内飼いでお願いしております。

どうしても散歩をさせたいのであれば、病気や感染症防止のため、ワクチンを3種混合から5種混合ワクチンへ切り替えてください。

去勢・避妊手術費用は?

¥25,000円~¥55,000円(税込)で、オスとメスでは費用が異なります。

かかりつけの動物病院に直接ご確認ください。

まとめ

猫ちゃんを家族として迎える前には、しっかりとした準備と心構えが必要です。

猫ちゃんは、種類や性別、個体差によって性格もさまざまですが、
あなたにぴったりの猫ちゃんがきっといるはずです。
お互いに「出会えて良かった」と思えるような最高のパートナーを探しましょう!

「ねこのわたあめ」について

ラガマフィン専門のブリーダーショップ『ねこのわたあめ』

ラガマフィン専門のブリーダーショップ
『ねこのわたあめ』では、衛生面はもちろん、
健康面に気を付けながら愛情を持って猫ちゃんを育てております。
猫ちゃんのことならなんでもお気軽に
ご相談ください♪
また、ご見学も受け付けておりますため
お気軽にご連絡ください!
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

店舗情報

店舗名 猫専門breeder shop ねこのわたあめ
代表者名 足立 さやか(小動物飼育販売管理士)
登録番号 第一種動物取扱業 京都府第010079-1号(販売)
第一種動物取扱業 京都府第010079-2号(保管)
事業内容 繁殖・育成・販売・オーナー様と猫ちゃんの相談役(アフターフォロー)
電話番号 090-9094-7099
所在地 〒617-0817
京都府長岡京市滝ノ町2丁目27-29
営業時間 10:00~20:00(見学10:00~18:00)
※一般家庭でのブリーディングになるため、見学は必ず事前予約をお願いします。
定休日 年末年始

猫ちゃんの日常を更新中♪

お問い合わせ

必須
必須
必須

プライバシーポリシー